研究・教育内容

研究領域

  1. 慢性腎臓病および腎不全に対する治療法、特に血液透析を主体とする、血液浄化療法および腎不全・透析医療に関する研究
  2. 血液透析を主体とする血液浄化療法について、地域における健全普及を推進する人材育成システムの研究、カリキュラムの策定と評価
  3. 慢性腎臓病の普及啓発、腎不全・透析の医療連携に関する研究
  4. 腎不全に対する治療法、特に血液透析を主体とする血液浄化療法の新規バイオマーカー開発、新規治療法開発
  5. 地域の腎不全・透析医療の医療経済に関する事項
    A)Quality Indicator(医療の質指標)の検討
    B)Continuous Quality Improvement(継続的な医療の質向上)の評価
    C)地域の透析患者の特徴およびその推移と、医療費、医療経済
    D)地域における腎臓病診療(CKD・透析・移植)の医療経済

教育領域

  1. 慢性腎臓病および腎不全に対する治療法、特に血液透析を主体とする、血液浄化療法および腎不全・透析医療に関する教育
  2. 血液透析を主体とする血液浄化療法について、地域における健全普及を推進する人材育成システムの開発、カリキュラムの策定と評価
    A)本学および関連施設の医師の教育、人材育成システムの確立
    地域の透析医療を担う医師の教育、人材育成システム
    B)本学および関連施設の医療スタッフの教育と研修に関する事項
    地域の透析医療における医療スタッフの教育システム
    C)血液浄化療法に関する研究会、研修会の企画、開催
  3. 地域における最適な透析専門医配置と研修システムの構築
  4. 腎不全に対する治療法、特に血液透析を主体とする血液浄化療法の新規バイオマーカー開発、新規治療法開発に関する研究技術論の教育